保谷駅近く。痛みの少ない歯科治療、リーズナブルなセラミック治療を行う歯医者

〒202-0012 東京都西東京市東町3-1-13
西東京ケアコミュニティそよ風1F(中央通り商店街沿い)
【駐車場完備】

診療時間
9:00~12:30 × ×
14:00~18:30 × ×

休診日:水曜日、日曜日
※祝日の診療につきましてはお問合せください

ご予約・お問合せはこちらへ

042-438-6480

歯科コラム

チョコレートを食べると
虫歯になりやすいですか

虫歯は老若男女問わず、どの年代でもなりやすく、歯周病と並んで歯を失う二大原因のうちのひとつです。

一般に、甘いものをたくさん摂り過ぎると虫歯になると言われていますが、甘いものの代表とも言えるチョコレートを食べると、虫歯が作られやすくなってしまうのでしょうか?

チョコレートは本当に悪?

虫歯とは、虫歯菌が出す酸により、歯が溶けてしまう病気です。虫歯になるのは、実は甘いものだけではありません。虫歯は、「虫歯菌」「砂糖」「時間」「歯質」という4つの要因が重なることで発症してしまいます。

その中でも「砂糖」は虫歯リスクを一気に高めてしまいます。お口の中に棲みついている虫歯菌は砂糖を大変好み、食べかすの中にある砂糖を栄養分にして酸を作り出し、歯を溶かしていきます。

チョコレートは甘いものの代表格と書きましたが、チョコレートだけが悪ではありません。虫歯菌が好むのは「砂糖」であり、砂糖がたっぷり使われている食べ物が虫歯菌の活動を活発にさせるのです。

チョコレートにも色々な種類があり、砂糖が多く甘みが強いもの、カカオがふんだんに使われ、砂糖控えめで甘みよりも苦みが勝っているものなど様々です。中には砂糖不使用のものや砂糖ではなく、虫歯になりにくい「キシリトール」が甘味料として使われているチョコレートも販売されています。

砂糖をたくさん含んだ食べ物として、飴やケーキなども挙げられます。また甘い飲み物にも要注意です。小さなお子さんが好む乳酸菌飲料や炭酸ジュース、スポーツドリンクなども砂糖がたくさん使われているものが多いため、虫歯リスクが高くなります。

砂糖だけじゃない!虫歯になりやすい生活習慣とは

砂糖がたくさん使われているものを摂り過ぎると虫歯リスクがグンと高まりますが、虫歯になってしまうのにはそれ以外の「虫歯菌」「時間」「歯質」にも問題があると言えます。

特に気を付けたいのは「時間」です。時間や量を決めず、いつまでもだらだら食べていると、お口の中が常に酸性の状態が続きます。私たちのお口の中は飲食をするたびに歯の表面が少し溶ける「脱灰」という状態になりますが、唾液の働きにより溶けた部分が修復される「再石灰化」が行われます。ところがずっと食べているといつまでたっても再石灰化が行われず、歯が溶けていく一方となり、最終的に虫歯になってしまうのです。

「歯質」も虫歯に大きく影響します。乳歯や生えたばかりの永久歯はエナメル質が薄く弱いため、あっという間に酸に溶けてしまいます。歯質を強化するような歯磨き剤を使う、歯科医院でフッ素塗布を行うなど、歯質を強くすることで虫歯に強い歯を作り出すことが可能です。

歯ぐきの腫れには歯周病による炎症ものと、それ以外の原因が考えられます。歯周病の場合、放置したままにしておくと歯が抜けるなど最悪な結果を招くことになります。また歯周病以外が原因の場合も思わぬ事態を招いてしまうことが考えられます。歯ぐきの腫れは、異常事態のサインです。日ごろから定期健診を受け、トラブルを未然に防ぐよう心掛けましょう。

光を当てるだけなので、ほとんど痛みや不快感もなく治療可能です

電話、Webからご予約いただけます。