保谷駅近く。痛みの少ない歯科治療、リーズナブルなセラミック治療を行う歯医者

〒202-0012 東京都西東京市東町3-1-13
西東京ケアコミュニティそよ風1F(中央通り商店街沿い)
【駐車場完備】

診療時間
9:00~12:30 × ×
14:00~18:30 × ×

休診日:水曜日、日曜日
※祝日の診療につきましてはお問合せください

ご予約・お問合せはこちらへ

042-438-6480

当院の親知らず治療

日本大学医学部付属板橋病院から口腔外科指導医を招聘。
より良い親知らず治療を

親知らずの治療には、口腔外科の専門知識が必要となります。フォレストデンタルグループはより確かな治療で患者さまに安心していただけるよう、大学病院から北野准教授を始めとした、複数の歯科医師を招いております。

難易度の高い親知らずの抜歯や、近年、世間で話題になっている口腔がんなど、より専門的な知識が必要な診断を担当するのは、日本大学医学部附属板橋病院の北野准教授をはじめたとした、 「日本口腔外科学会認定 指導医・専門医・認定医」  ですので、フォレストデンタルクリニックにて、大学病院レベルの診断や治療を受けていただくことが可能です。

※当院では口腔外科の診療日を専用に設け、大学病院へ行かずとも患者さまが治療を受けられる体制を整えています。

CTによる精密検査でより正確な治療を

親知らずの治療には外科手術を伴いますので、一般の歯科治療よりも綿密な事前検査と治療計画の策定が重要です。誤って神経や血管を傷つけてしまうと、重大な事故を引き起こす危険性があるためです。

そこで当院では、より正確で安全な親知らず治療を行なえるよう、CT検査による状況の把握と、得られたデータによる丁寧なシミュレーションを必ず行っています。

検査ではまず、CTを用いてあごの骨の厚みや高さ、神経の位置を精密に確認・把握します。そして、どのように歯を抜けば最も患者さまの体にご負担が少なくすむかを、しっかりとシミュレーションいたします。特に、あごの骨に埋まっているような難しい親知らずの抜歯では検査とシミュレーションがより重要です。事前にシミュレーションを行い抜歯の計画を綿密に立てておくことは、患者さまの体への負担を最小限に抑え、術後の不快感やお悩みを減らすことにつながります。

このように綿密な検査を行いしっかりした治療計画を立てることで、手術中の重大な事故を防ぎ、より安全な治療をご提供できるように努めております。

患者さまの体を守る、徹底した感染予防対策

クラスB滅菌器

親知らずの治療では、出血を伴う外科的な処置が必要になることがあります。歯ぐきを切開するなど外科的な処置をしている最中は傷口が開いている状態ですので、細菌感染に十分な注意が必要です。治療中に他の病気に感染してしまうことを「院内感染」と呼びますが、この院内感染を防止するために、当院では感染予防対策を徹底しています。

院内感染を防止する対策のひとつが「使い捨て化」です。治療時に使うグローブやエプロン、コップなど、使い捨てにできる治療器具はすべて使い捨てにし、患者さま間で同じ器具を使い回すことを絶対にいたしません。また、ハンドピース(歯を削る機械)など使い捨てができない器具については、ヨーロッパの最高基準をクリアした「クラスB滅菌器」を使用し、お一人の治療が終わるごとに1本ずつしっかりと滅菌処理を行っています。

親知らず治療の知識と経験が豊富だからこそ、当院は院内感染対策の重要性を認識しています。清潔な環境で患者さまに安心して治療を受けていただけるよう取り組んでおりますので、どうぞご期待ください。

事前のカウンセリングを大事にしています

術後の腫れや痛みなど、親知らず治療は患者さまにご負担を与えてしまう場合があります。そのご負担をできる限り少なくするために、当院では検査後すぐの抜歯を行いません。検査で状況を確認した後は、必ず一度カウンセリングを実施いたします。そこで腫れや痛みなどのリスクをご説明し、お仕事のご都合など患者さまのライフスタイルを考慮した上で、生活への影響が最小限で済むように親知らずを抜くタイミングを決めています。ご希望やご不安をぜひカウンセリングの際にお聞かせください。

 

親知らず治療後のケアを十分に行います

親知らずを抜いた後は、何ひとつ不具合が出ないことが理想です。しかし「腫れるのではないか」「痛みが出るのでは」「食事や歯磨きはいつも通りで良いのか」など、ご不安を抱える患者さまもいらっしゃいます。これはしごく当然のことです。親知らずを抜いた後に少しでも快適に過ごしていただけるよう、当院は患者さまのご不安に寄り添い、治療後のケアもしっかりと行っています。

たとえば、親知らずを抜いた後にどれくらい腫れる可能性があるのか、痛みがどれくらい出るのかなどのリスクをわかりやすく丁寧にご説明します。また、治療後にどう過ごしたら良いのか、歯磨きやお食事など日常生活についてのアドバイスもおまかせください。患者さまの持つお悩みを一つひとつしっかりと解消してまいります。ご心配なこと、気になることがありましたらお気軽にご相談ください。

親知らず治療の流れ

検査

検査器具やレントゲン、CTで、歯やあごの骨の状態を調べます。

親知らずの治療における難易度を確実に診断します。

治療計画の説明

術前にしっかりと治療計画やダウンタイム(腫れや痛みが続く期間)をご説明します。

親知らずの抜歯

抜歯の必要がない場合もあります

親知らずを抜きます。抜歯の必要がない場合は、適切な処置を行います。

状況により、縫合(傷口を糸で縫う)する場合もあります。

 

抜歯後の消毒と確認

親知らずを抜いた部分を消毒します。

抜歯後の傷口の確認も行います。

 

抜糸

抜歯してから約1週間後に、傷口を縫合した糸を抜きます。

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布などもご予約いただけます。3ヶ月先のご予約もお気軽にどうぞ。

042-438-6480

診療時間

 
午前 × ×
午後 × ×

午前:9:00~12:30
午後:14:00~18:30
休診日:水曜日、日曜日

042-438-6480

〒202-0012
東京都西東京市東町3-1-13西東京ケアコミュニティそよ風1F(中央通り商店街沿い)

西武池袋線保谷駅(南口)より徒歩5分

医療連携