保谷駅近く。痛みの少ない歯科治療、リーズナブルなセラミック治療を行う歯医者

〒202-0012 東京都西東京市東町3-1-13
西東京ケアコミュニティそよ風1F(中央通り商店街沿い)
【駐車場完備】

診療時間
9:00~12:30 × ×
14:00~18:30 × ×

休診日:水曜日、日曜日
※祝日の診療につきましてはお問合せください

ご予約・お問合せはこちらへ

042-438-6480

歯科コラム

虫歯を放置したらどうなる?

お口の中のトラブルとして最もよく知られているのはやはり虫歯でしょう。

虫歯は早めに治療することが望ましいですが、我慢できないほどではないから、とそのまま放置してしまうといったいどうなるのでしょうか。 

虫歯の進行について

虫歯はある日突然発症するわけではありません。歯の表面は硬いエナメル質で覆われており、神経近くまで虫歯が進行しない限り、痛みやしみるなどの自覚症状は感じないことがほとんどです。では虫歯はどのように進行していくのでしょうか。

 

CO(シーオー)・・・歯の表面のエナメル質が溶けて白くなる「脱灰」という、虫歯の一歩手前の状態です。歯を削らず、フッ素塗布などで様子を見ます。

C1・・・エナメル質が溶けて穴が開いた状態です。痛みなどの自覚症状はありませんが、虫歯部分が黒または茶色くなっており、目で見て「虫歯かも」と気付くことがあります。

C2・・・虫歯がエナメル質内部の象牙質まで進行した状態です。象牙質の内側には神経が通っているため冷たいものや甘いものがしみるようになります。また、エナメル質よりも柔らかくなってくるので、進行が早まります。

C3・・・虫歯が歯髄(神経や血管が通っている管)まで進行した状態です。激しい痛みに襲われるため、この状態で、またはこの直前で、やっと歯科医院を受診する方がほとんどです。虫歯菌に汚染された神経を取り除き、根の中を洗浄・消毒してきれいにする根管治療を行い、更に、被せ物を被せる治療を行います。この状態ならまだ歯を残すことができる可能性があります。

C4・・・虫歯菌によって歯がほとんど溶け、根だけになった状態です。神経が死んでしまうため、激しい痛みは治まりますが、残念ながら歯を残すことはできず抜歯となることが多くなります。また、更に放置すると、根の先に膿を溜め始めます、すると、また激しい痛み、更には大きな腫れを起こしてきます。

 

以上のように、虫歯の進行には過程があり、段々と症状が強くなっていきます。虫歯とは虫歯菌の感染症であり、感染してしまった部分は削る、等にて取り除かないといけなくなります。早い段階であるほど、つまり、歯の虫歯菌に感染したところが少ないほど、早く、痛くなく治療が可能となります。

痛みがあるにも関わらず、我慢して歯科医院を受診せずに放置してしまうことで、結果的には痛みは大きくなり、治療の回数は多くなっていってしまいます。虫歯に気付いたら、まずは速やかに歯科医院を受診して下さい。虫歯だけでなくお口の中のお困りごとは、保谷にある当院へお気軽にお問い合わせください。

光を当てるだけなので、ほとんど痛みや不快感もなく治療可能です

電話、Webからご予約いただけます。