保谷駅近く。痛みの少ない歯科治療、リーズナブルなセラミック治療を行う歯医者

〒202-0012 東京都西東京市東町3-1-13
西東京ケアコミュニティそよ風1F(中央通り商店街沿い)
【駐車場完備】

診療時間
9:00~12:30 × ×
14:00~18:30 × ×

休診日:水曜日、日曜日
※祝日の診療につきましてはお問合せください

ご予約・お問合せはこちらへ

042-438-6480

歯科コラム

矯正治療はどんな痛みがあるの?

「歯並びは気になるけど矯正ってなんだか痛そう…」

「痛みが想像できなくて不安」

そんな方のために、今回は矯正による痛みの種類、どんな時に痛むか対応についても紹介いたします。

歯が動く時の痛み

歯並びを整えるためには歯に力をかけて動かす必要があります。その際に痛みを感じることがありますが、痛みの種類や程度に個人差があります。「歯が押されている感じ」「締め付けられる感じ」「むずがゆくなる感じ」といった表現されることが多いです。また、全く痛みを感じないという方もいらっしゃいます。

痛みは矯正治療で調整をする際に起こります。当院で行っているマウスピース矯正インビザラインの場合は新しいマウスピースに交換した際にこのような痛みが起こる可能性があります。痛みは2~3日で消えることがほとんどです。

ワイヤーを使った矯正に比べてインビザラインの場合は一度に歯を動かす量が少ないため、一度にかける力が少なく済みます。そのため痛みの程度が弱く違和感程度という方も多いです。

ある程度の痛みや違和感は歯が動いている証拠と捉えて乗り越えましょう。耐えられないような痛みがある場合はすぐに歯医者に連絡してください。

噛むときの痛み

矯正中は歯を動かすための力がかかっているため、歯や歯を支えている組織が敏感な状態です。そのため、物を噛んだり上下の歯がぶつかったりすることで痛みを感じることがあります。こちらも調整直後やマウスピース交換後に起こる可能性がありますが2~3日で落ち着きます。

 
矯正装置による痛み

今まで口の中になかった矯正装置があることで、唇や歯ぐきに当たり口内炎ができたり傷ができたりすることがあります。ブラケットやワイヤーを使った矯正の場合に悩まされることが多いでしょう。このような痛みがある場合はブラケットやワイヤーの出ている部分にワックスを付けたり、薬を塗って対応します。

インビザラインの場合は歯をマウスピースで覆っているのでこのような痛みの心配はほぼありません。

抜歯後の痛み

抜歯矯正を行う場合は抜歯後数日痛むことがあります。処方された痛み止めを飲むと落ち着くことがほとんどです。まれに歯を抜いた部分の傷がふさがらずに骨が露出する「ドライソケット」になる場合があります。耐えられない痛みが続く場合は歯医者に相談しましょう。

「抜歯は怖くてしたくない。」という方もご安心ください。当院では抜歯をしない矯正も行っています。

矯正を始めたいけれど痛みが心配という方にはマウスピース矯正インビザラインがおすすめです。西東京で矯正をお考えのかたはお気軽に当院へご相談ください。

治療の流れや当院の特長、費用などご紹介

電話、Webからご予約いただけます。

監修歯科医師

医療法人社団デンタルケアコミュニティ

理事長兼西東京院院長

森村 新歯科医師

 

【経歴】

2003年 日本歯科大学 歯学部卒

大学病院で先進的な歯科診療を学び、その後、大学の研修施設でもある歯科医院で院長を務める。数々の医院にて一般歯科のほか、介護施設やご自宅に伺う訪問歯科まで数多くの経験を積み、2010年にフォレストデンタルクリニックを開院。

 

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布などもご予約いただけます。3ヶ月先のご予約もお気軽にどうぞ。

042-438-6480

診療時間

 
午前 × ×
午後 × ×

午前:9:00~12:30
午後:14:00~18:30
休診日:水曜日、日曜日

042-438-6480

〒202-0012
東京都西東京市東町3-1-13西東京ケアコミュニティそよ風1F(中央通り商店街沿い)

西武池袋線保谷駅(南口)より徒歩5分

医療連携