保谷駅近く。痛みの少ない歯科治療、リーズナブルなセラミック治療を行う歯医者

〒202-0012 東京都西東京市東町3-1-13
西東京ケアコミュニティそよ風1F(中央通り商店街沿い)
【駐車場完備】

診療時間
9:00~12:30 × ×
14:00~18:30 × ×

休診日:水曜日、日曜日
※祝日の診療につきましてはお問合せください

ご予約・お問合せはこちらへ

042-438-6480

歯科コラム

歯ぐきの腫れの原因とは?

歯ぐきが赤く腫れて、ブラッシング時に出血したという経験をした方はとても多いと思います。

歯ぐきの腫れは、学童期のお子さんから高齢の方まで幅広い年代で起こる、非常にポピュラーな症状です。

しかし一言で歯ぐきの腫れといっても、その原因は様々です。
では歯ぐきの腫れは、どのような原因が考えられるのでしょうか?

健康な歯ぐきの状態とは?

健康な歯ぐきは、歯肉に腫れがなく、きれいなピンク色で引き締まっています。
ブラッシングしても出血することもなく、歯と歯の間の歯肉が丸みを帯びていない状態です。

歯ぐきの腫れの症状と原因

歯ぐきの腫れには様々な症状や原因が考えられます。
歯肉の腫れで多いのは、ブラッシング不足による歯肉炎や歯周炎ですが、その他にも歯ぐきが腫れる原因が考えられます。では歯肉炎による歯ぐきの腫れを中心に、主な歯ぐきの腫れの症状と、原因をご紹介しましょう。

歯肉炎や歯周炎など歯周病が原因によるもの

・歯肉炎および歯周炎
歯ぐきが赤く腫れ、歯磨きのときに出血が見られる場合、歯肉が炎症を起こしている歯肉炎および歯周炎といった、歯周病が考えられます。腫れた歯肉は赤くなっており、見た目にもブヨブヨとして締まりがありません。

歯ぐきの腫れの原因は、磨き残しです。磨き残しがあると、お口の中の細菌が寄り付いてプラークを作り出します。プラークはネバネバとした白い物質で、細菌の塊です。そこへ歯周病菌が棲みついて毒素を出し、歯ぐきに炎症を起こします。

歯肉炎の場合、ご家庭での丁寧なブラッシングで改善することができますが、歯周炎まで進行すると、歯石除去や歯科医院での治療が必要になります。

歯周病以外が原因のもの

・アフタ性口内炎
歯ぐきの腫れで多い、アフタ性口内炎です。疲れたときに起こることが多く、ビタミン剤の服用や軟膏を塗布することで改善を試みます。

・歯の根の先に膿が溜まったことによるもの
歯の根の先に細菌が入り込んで、膿の袋を作り出します。歯ぐきに白いニキビのようなできものができた場合、この症状を疑います。根の中に繁殖した細菌を取り除く、根管治療を行います。

・良性腫瘍
歯に合わない被せ物などが原因で歯ぐきが刺激を受け、良性の腫瘍となって白いできものができる場合があります。
外科処置を行って取り除く治療が一般的です。

・悪性腫瘍
歯肉にできるガンです。2週間たっても口内炎の症状が改善しない、あるいは白くいびつなできものが大きくなる場合、早急に口腔外科を受診することをお勧めします。

歯ぐきの腫れには歯周病による炎症ものと、それ以外の原因が考えられます。歯周病の場合、放置したままにしておくと歯が抜けるなど最悪な結果を招くことになります。また歯周病以外が原因の場合も思わぬ事態を招いてしまうことが考えられます。歯ぐきの腫れは、異常事態のサインです。日ごろから定期健診を受け、トラブルを未然に防ぐよう心掛けましょう。

光を当てるだけなので、ほとんど痛みや不快感もなく治療可能です

電話、Webからご予約いただけます。
 

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布などもご予約いただけます。3ヶ月先のご予約もお気軽にどうぞ。

042-438-6480

診療時間

 
午前 × ×
午後 × ×

午前:9:00~12:30
午後:14:00~18:30
休診日:水曜日、日曜日

042-438-6480

〒202-0012
東京都西東京市東町3-1-13西東京ケアコミュニティそよ風1F(中央通り商店街沿い)

西武池袋線保谷駅(南口)より徒歩5分