保谷駅近く。痛みの少ない歯科治療、リーズナブルなセラミック治療を行う歯医者

〒202-0012 東京都西東京市東町3-1-13
西東京ケアコミュニティそよ風1F(中央通り商店街沿い)
【駐車場完備】

診療時間
9:00~12:30 × ×
14:00~18:30 × ×

休診日:水曜日、日曜日
※祝日の診療につきましてはお問合せください

ご予約・お問合せはこちらへ

042-438-6480

歯科コラム

一度歯槽膿漏になったら、
またすぐに歯槽膿漏になりやすい?

歯槽膿漏は、一本の歯だけに起こる虫歯と違い、歯ぐき全体に起こります。

そのため歯石除去など歯ぐき全体の治療を行う必要がありますが、やっかいなことに完治しにくい病気なのです。では一度、歯槽膿漏(重度の歯周病)になると、すぐに再発しやすくなるのでしょうか。

再発しやすい歯槽膿漏

歯周病は歯周病菌によって歯を支える組織に炎症が起こります。その結果、歯ぐきの腫れや出血といった症状が起こり、やがて歯槽骨が吸収されて歯を支えられなくなってしまいます。

そして歯槽膿漏と呼ばれる症状まで進行すると、膿が溜まり、歯がグラグラして噛むことが困難になるなど非常に状態が悪くなってしまいます。歯周病や歯槽膿漏と診断された場合、少しでも歯を長持ちさせるためにクリーニングやSRPと呼ばれる歯の根元部分の歯石除去、あるいはフラップオペレーションと言う外科処置などを行って歯周病の症状の改善を試みます。

しかし、このような処置を行ったからといって、必ずしも完治することは限りません。
歯周病を完治させるのは、実は非常に難しいのです。ご自身でどれだけしっかりと歯磨きを行っても、完璧に汚れを取り除くことは難しいからです。そのため3か月を目安に、歯科医院で定期的に歯石を取り除くことが必要となります。

と言っても、重度歯周病である歯槽膿漏まで症状が進行してしまうと、3か月を待たずに症状が再発する可能性が高くなります。

歯槽膿漏になると歯周ポケット数値がかなり高くなっており、歯周病菌が活動&繁殖しやすくなってしまうのです。
そのため歯槽膿漏の場合、一般的な目安である3か月よりも短い周期で歯石除去などの歯周病治療が必要となってしまうでしょう。それほど歯槽膿漏は、すぐに再発するリスクを抱えているのです。

定期的なメンテナンスで少しでも歯を維持することが大切

歯槽膿漏だから歯を残すことを諦めなければいけないのでしょうか?
再発リスクが高い歯槽膿漏こそ、決められた周期でのメンテナンスが非常に大切なのです。

メンテナンスを怠ってしまうと歯を残すことが難しくなり、自然に抜け落ちたり抜歯となってしまいます。
少しでも歯を長持ちさせるためには、定期的なメンテナンスの継続を強くお勧めします。

患者さんの口腔内の状態はそれぞれ違います。かかりつけの歯科医院の指示を守り、歯の健康を維持するためにも定期的なメンテナンスは必ず受けるようにして下さい。

光を当てるだけなので、ほとんど痛みや不快感もなく治療可能です

電話、Webからご予約いただけます。
 

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布などもご予約いただけます。3ヶ月先のご予約もお気軽にどうぞ。

042-438-6480

診療時間

 
午前 × ×
午後 × ×

午前:9:00~12:30
午後:14:00~18:30
休診日:水曜日、日曜日

042-438-6480

〒202-0012
東京都西東京市東町3-1-13西東京ケアコミュニティそよ風1F(中央通り商店街沿い)

西武池袋線保谷駅(南口)より徒歩5分