保谷駅近く。痛みの少ない歯科治療、リーズナブルなセラミック治療を行う歯医者

〒202-0012 東京都西東京市東町3-1-13
西東京ケアコミュニティそよ風1F(中央通り商店街沿い)
【駐車場完備】

診療時間
9:00~12:30 × ×
14:00~18:30 × ×

休診日:水曜日、日曜日
※祝日の診療につきましてはお問合せください

ご予約・お問合せはこちらへ

042-438-6480

歯科コラム

歯医者さんで、いびき・睡眠時無呼吸症候群を改善できる?

寝ているときのいびきは、家族など一緒に暮らしている方にとってはうるさいだけかもしれません。しかし、いびきはただ単に音がうるさいだけではなく、睡眠時無呼吸症候群という怖い病気が潜んでいるサインでもあります。ではこのいびきや睡眠時無呼吸症候群は、歯科医院で治すことができるのでしょうか。

睡眠時無呼吸症候群とは?

睡眠時無呼吸症候群とは呼吸障害を引き起こす病気で、睡眠不足を引き起こして昼間の活動に影響が出てしまうことです。睡眠中に気道が狭くなって大きないびきをかく、呼吸が止まるといった症状が起こります。その結果呼吸が苦しくなって頻繁に起きてしまうことが頻繁に起こります。特に大きないびきは、睡眠時無呼吸症候群の特徴のひとつであると考えられています。

睡眠時無呼吸症候群は慢性的な寝不足を引き起こし、昼間の集中力が低下して仕事などに支障が出てしまいます。そして体への悪影響も心配されます。睡眠が不足すると酸素が不足し、高血圧や心臓病のリスクが高くなるといった、循環器系や呼吸器系に影響が出てしまう恐れがあります。

いびき外来による、睡眠時無呼吸症候群の改善策とは?

いびきの治療や検査は、耳鼻咽喉科や呼吸器外科だけではありません。実は歯科医院でもいびきの治療が行えます。歯科医院の中にはいびき外来を併設しているところもあり、いびきで悩む方の治療を行っています。

いびきや睡眠時無呼吸症候群は、舌および顎が気道を塞いでしまうことで起こります。歯科医院で行ういびき治療では、マウスピースを装着することでいびき及び睡眠時無呼吸症候群の改善を促すことができます。

いびきや睡眠時無呼吸症候群の治療で使われるマウスピースは、スポーツ用のマウスピースや歯ぎしり用のマウスピースとは形が違います。いびき改善用のマウスピースを装着することで下顎が引き上げられ、それに伴って下がっていた舌も引き上げられると気道が広がり、呼吸が正常になっていびきの改善に繋がります。

歯科医院で作製する睡眠時無呼吸症候群改善用のマウスピースは保険が適用になる場合と、保険適用外のものがあります。保険適用の場合、病名と医師の診断書が必要となります。保険適用になるかどうかは、歯科医師との相談が必要になります。

いびきでお悩みの方は、まず歯科医院に相談してみましょう

歯科医院では予防治療を推奨しています。治療をすることではなく、フロスや歯間ブラシなどを使ってきちんと汚れを落とし、虫歯にならないように心がけましょう。歯間ブラシやフロスの使い方がわからない、どのサイズを選べばよいのか迷う方は、保谷にある当院にお気軽にご相談ください。

治療の流れや当院の特長、費用などご紹介

電話、Webからご予約いただけます。

監修歯科医師

医療法人社団デンタルケアコミュニティ

理事長兼西東京院院長

森村 新歯科医師

 

【経歴】

2003年 日本歯科大学 歯学部卒

大学病院で先進的な歯科診療を学び、その後、大学の研修施設でもある歯科医院で院長を務める。数々の医院にて一般歯科のほか、介護施設やご自宅に伺う訪問歯科まで数多くの経験を積み、2010年にフォレストデンタルクリニックを開院。

 

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布などもご予約いただけます。3ヶ月先のご予約もお気軽にどうぞ。

042-438-6480

診療時間

 
午前 × ×
午後 × ×

午前:9:00~12:30
午後:14:00~18:30
休診日:水曜日、日曜日

042-438-6480

〒202-0012
東京都西東京市東町3-1-13西東京ケアコミュニティそよ風1F(中央通り商店街沿い)

西武池袋線保谷駅(南口)より徒歩5分

医療連携